過ぎ去って行く時間の中で感じた出来事。思い悩みながらも進んできた人生の軌跡。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

緋焔劇場 「蚊」

2009-03-30 Mon 17:02
はい、帰ってきた緋焔劇場です。

今回の題材は蚊です。

【 緋焔劇場 蚊 人間Ver 】

「ぷ~ん、ぷーん。」

「うん?なんだ?」

「ぷ~ん、ぷ~んっ」

「あぁ、蚊かぁ」

「ぷ~~~ん。ぷぅ~ん」

「パチッ!よしっ、仕留めたか?」

「ぷーん。」

「そこかっ!パチッ!」

「ひゅ~、ストン」

「よしっ。」



【 緋焔劇場 蚊 蚊Ver 】

「おっ?あんな所に人間が居る。よし!血を吸ってやるっ」

「ペラペラペラ、ペラペ~ラ」

「よしっ!いくぞっ!」

「ペラ?ぺらぺら?」

「やばいっ!」

「ペラペラペラペラ」

「何!?気付かれただと!?だが、負けるものかぁ!」

「パチッ!ペラ?ぺらぺら?」
「危ない危ない。」

「ペラ!パチッ!」

自分の両方から大きな肌色の物が近づいてくる。

巻き起こる凄い風。

気付いた時、目の前は真っ暗になっていた。

最初は、何が起こっているのか気付かなかった。

しばらく経つと、自分に何が起きたのか理解する事が出来た。

自分は死んだのだ。

一生に一回の血を吸う生死を掛けた戦いに敗れたのだ。

何もかも、全ての事が終わってしまったのだった。

自然と体が軽くなり、いつもの飛んでいる感覚とは違った浮遊感に見舞われた。

その浮遊感に包まれながら空へと上っていった・・・。



どうでしたか?

蚊と人間の意識の違いを自分で考えて書いてみました。

良かったらブログランキングのにクリックお願いします。
別窓 | 緋焔劇場 | コメント:5 | top↑

<<新しい。 | 過ぎ去り行く時間 | テンプレート。>>
この記事のコメント
www
2009-03-30 Mon 17:23 | URL | Z #-[ 内容変更] | top↑
蚊の人間に対する後悔、自分の過ち、死への純粋な気持ちなど、とても蚊らしい、すばらしい文章だと私は思いました。
2009-03-30 Mon 18:08 | URL | ╂魔那兎 #H1auom72[ 内容変更] | top↑
凄い…戦いでした…(ぇ

ポチしていきます。
2009-03-30 Mon 20:31 | URL | ライラ #OP.fI0wQ[ 内容変更] | top↑
蚊の気持ちになったかんじで・・・W
最後せつねーヽ[・ω・`●]

2009-03-30 Mon 21:00 | URL | 沙音 #-[ 内容変更] | top↑
文体がまとまってない感じがまたw

薀蓄だけど、蚊の感じる「速さ」とヒトの感じる「速さ」って全然違うんだぜ~。
蚊にとってヒトの手のスピードは凄く鈍く感じるんだろうな…。
だからあんなに速く飛びまわれるんだろうね。
まぁそれでも逃げられない時は逃げられません。それが人生ですから(←
2009-03-30 Mon 21:30 | URL | ken-2510 #N72fvxco[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 過ぎ去り行く時間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。