過ぎ去って行く時間の中で感じた出来事。思い悩みながらも進んできた人生の軌跡。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

幸せ

2008-12-01 Mon 17:17
幸せ

いつも私は孤独だった 唯一の楽しみは一人で居ること

もし私がだれかの前に現れればその人の迷惑になる

私はこの世で要らない存在なんだ

誰が悲しむわけでもなく 誰が気にするでもなく

いつの間にか 誰にも気付かれずに私は死ぬのだろう

私は誰にも必要とされない存在 邪魔な存在なんだ

毎日親には暴力を受け どこかに行っても暴言や暴力がとんで来る

私は暴力や暴言を言われるだけでしか存在しない 存在出来ない

でなければ私は誰にも気付かれず 存在しない事になる

それは死に等しい事なのだろう

死・・・消えてなくなってしまう・・何もかもが無くなる・・・感覚も感情も存在も全て・・・

いっその事それでも良いかもしれない

こんな風にしか存在できない自分なんだ 死んでしまっても良いかもしれない

生きていれば良いことがあるなんて嘘だ 毎日同じことしかないんだから

人は素晴らしいなんて嘘だ みんな醜く脆い

だから死んで消えてしまおう この寂しい悲しい世界から

私はベランダへと行き・・・飛び降りた

飛び降りると 空を飛んでいる様な気がした 鳥のように大空を飛んでいる様な

だけど 一瞬体に激痛が走った その痛みは想像を絶するものだった

だが過去受けてきた痛みより痛くなかった 深く胸に突き刺さる言葉の痛みより

痛みを超えると 不思議な高揚感と温かさが私を包んだ

その時私は死んだのだと悟った やっと寂しく悲しい世界からとき離れたのだ

そして 私は天へと昇っていった

今まで味わったことのなかった 暖かさと幸福感に包まれて・・・
別窓 | 戯れ言 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑

<<禁止語 | 過ぎ去り行く時間 | 花が咲く>>
この記事のコメント
何があったかわかんないけど…
なんか俺ァ泣けてきたぜぇ←誰
切ない詩だぁ…
2008-12-01 Mon 19:20 | URL | 響 #-[ 内容変更] | top↑
いろんな視点から想像して詩をつくっとります。
今回の題材は 心 それも暗い部分
人は環境次第で思考が変わる。
作品中にもあるように 虐めや家庭内暴力ですね。
それを受け続けてきた 私
そのせいでどうなってしまったのかを綴った詩です。
詩の意味や問いかけてくる物を考えながら読んでみてください。
2008-12-01 Mon 19:45 | URL | 緋焔 #-[ 内容変更] | top↑
泣けた

うちも空見たら何もかも
なんとか出来そうに
なるけど現実問題無理なんだよね・・・
2008-12-01 Mon 20:03 | URL | ぽん #-[ 内容変更] | top↑
なんか・・・
このブログ、現実逃避行多くないっすか…?

だいたい、幸せなんていつも自分の隣に仲良くつきまとってるんですから、幸も不幸も自分次第ですよぅ・・・

私は幸せなんて望みませんよ・・・
その快楽に身を委ねてしまったらきっと何もかもが楽しくなくなってしまいそうで、
ようするに怖いのですぅ・・・
臆病風に攫われてしまうというか何というか。。。
2008-12-01 Mon 23:59 | URL | 春華 #-[ 内容変更] | top↑
あー。んー?うーん?なぬなぬ?
どこから逃避行とやらが出現したのか分からないぉ(汗)
題名の 幸せ と言うのは詩を読んでいただければ分かると思いますが、
虐めや暴力を受け続け、死んだ後感じた 温かさと幸福感です。
それは、やっと寂しい悲しい世界から解き放たれて得た物。
それが 幸せ だった。
と言うのが題名に込めた俺の意図です。
(あくまで作者の意図です。捉え方は人それぞれなので、あまり気にしないでくださいね。)
2008-12-02 Tue 02:29 | URL | 緋焔 #-[ 内容変更] | top↑
あさのあつことか面白いよね!
ゥチもその人の作品
いっぱい持ってる^ω^
山田裕介の作品も
どれも「ありえね-!」ってやつだけど
すっごい怖いw
2008-12-02 Tue 15:02 | URL | 響 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 過ぎ去り行く時間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。