過ぎ去って行く時間の中で感じた出来事。思い悩みながらも進んできた人生の軌跡。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

眠り

2008-11-28 Fri 00:02
眠り

秋の紅葉は、まるで情熱を思わせるよう

想いを何かに乗せて表現したくなるようなそんな季節

だけど その後に寒い冬がやってくる

冬は 全てを 沢山の生き物達を 眠りに着かせてしまう

そう 秋の情熱がだんだんと冬の寒い風で少しずつ冷やされていく

情熱で溢れかえっていた 山々の景色 様々な生き物達 熱い心

全てが冬の寒い風に冷やされ 雪によって閉ざされてしまうのだ

冬はひっそりと静まり返って ひんやりとした空気に体を震わせる季節

全てを冷やしてしまう風 なにもかもを閉ざしてしまう雪

だけど 春になれば今度は新しい命が芽生える

冬の寒い風や冷たい雪は 閉ざすだけじゃない

実は 熱くなりすぎた情熱を一度冷ましてくれるんだ

そして 落ち着きを取り戻し始めた頃に春がやってくるんだ

新しい命を育てるために 穏やかな気持ちを取り戻させ スタートを切るために

とても大切な季節なんだ

冷たいだけじゃなくて 幻想的で現実もしっかりと突きつけてくれる

そんな季節なんだ 
別窓 | 戯れ言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<< | 過ぎ去り行く時間 | 言葉>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 過ぎ去り行く時間 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。